キャッシュワンのサイトです。
自ら ポスト 用語 挑戦 マップ 作成 奮闘 最長 商号 鮮やか 信販 事務 プレビュー だらけ 程度 ジャスト 新品 処方箋 エンジニア 処罰 カラー 確認 知名度 はじめて セキュリティソリューション 不信 アップ 望む 物語

小額とは?/ キャッシュワン

[ 47] 小額訴訟制度
[引用サイト]  http://www7.ocn.ne.jp/~byoudou/shougaku.html

小額訴訟制度は、これまで債権金額が小さく通常の訴訟を起こしてまで回収するほどではなく回収を見送っていた債権を簡易、迅速に回収を図れるように1998年に民事訴訟法に新設された制度です。
請求金額は最大60万円(2004年度より改定)まで。(通常、簡易裁判所には90万円以下の訴訟物についての訴えを提起できるが、小額訴訟制度を採用した場合金銭の支払について60万円までと限定される)
原告が小額訴訟制度の利用を希望しない場合、または、被告が通常の裁判手続きを希望する場合は利用できない。
原告が訴状を提出する前に簡易裁判所は原告となる者、被告となる者の双方に小額訴訟制度の趣旨、内容を理解させ、小額訴訟制度を利用するか否かの判断材料とするため、小額訴訟制度の内容を記載した文書を送付する。
反訴の禁止・・・被告は原告を相手取って訴訟を提起することはできない。しかし、異議の申し立てはできる。
判決に不服がある場合控訴はできないが異議の申し立てはできる・・・異義申し立てをすると、同じ簡易裁判所が通常の訴訟手続きで再審理を行う、しかし、この際審理の判決に控訴はできない。
小額訴訟は審理を1日で済まし、即判決を出すと言う特別な制度であるから、 1日で審理を終わらすことのできない事情、つまり、(a)事案が複雑である(b)事案の解明に複数の証人を必要とする(c)証人を呼びずらい(d)証拠を専門家に鑑定してもらわなければならないもの(e)裁判官に現場を見てもらう必要のあるもの(f)小額訴訟制度の利用に対して被告の同意を得られないと思われるもの等がある場合は小額訴訟制度は利用に不向きである。
訴状の提出は、被告人の住所地を管轄する簡易裁判所へ提出する(民訴4)。但し、例外としてゝ遡海陵行地が定められているとき不法行為を原因とする借金請求の場合は、その不法行為地ということになる。が、これも便宜的で、実際は原告が選択できる。
訴状の審査は,修虜枷十蠅膿獲できる事件であるか否か⊂額訴訟の要件を満たしているかA幣に記入漏れはないかど要な手数料はあるか等の形式面のチェックが行われる。
被告に対しては、裁判期日が記載された「期日呼び出し状」と共に〜幣のコピー原告からの証拠コピー(あれば)E弁書の提出を求める督促状ぞ額訴訟による審理及び裁判手続の内容を説明した書類を送る。そして、原告には「期日呼び出し状」が送られるか、電話連絡がある。

 

戻る

キャッシュワンのサイトです。

キャッシュワンのサイトです。