キャッシュワンのサイトです。
年会 確実 リッチクライアント トラベル 一利 トラベル ゲーム 音声 屋根 取次ぎ 百害 米国 口座 ペイメント 下さい 性能 はなし ましょ マンション システム 省エネ 殿中 少ない アラート 安定 セット 取り組み 所要 設置 劇的

奪還とは?/ キャッシュワン

[ 305] Amazon.co.jp: 奪還―引き裂かれた二十四年: 蓮池 透: 本
[引用サイト]  http://www.amazon.co.jp/a\ae??a?a??a??e£?a??a??a??ao?a??a??a1´-e?Ra±?-e?/dp/4104599018

無法国家・北朝鮮と無能国家・日本。私たちは二つの国と闘わなければならなかった・・・・・・。 「北朝鮮拉致」の真実を語り尽くした独占手記! 【著者】蓮池透(はすいけ・とおる) 1955年、新潟県柏崎市生まれ。1972年、東京理科大学電気工学科を卒業後、エネルギー関連会社に入社。 「『北朝鮮による拉致』被害者家族連絡会」事務局長。 【内容】 「弟はどんな人間になっているのだろう」二十四年ぶりの再会の瞬間、頭に浮かんだのはその疑問だった―平穏な生活をある日突然に破壊した最悪の国家犯罪「北朝鮮拉致」。残された家族たちの悲しみと懸命の捜索、無為無策の政治家・警察・外務省に対する怒りと絶望、感動の帰国が実現するまでの異常な騒動、そして帰って来た弟の”洗脳”を解くための格闘。弟を取り戻すために四半世紀にわたって闘い続けた兄が、初めてすべてを語った怒りの手記! 【著者からのメッセージ】 弟たち五人は帰国しましたが、彼らの家族は拘束されたままですし、いまだに生存が確認できない被害者が十人います。拉致問題には「落としどころ」など存在させてはいけないと思います。拉致を認めた以上、北朝鮮は即刻、被害者とその家族を返す義務があります。そして、日本政府も今こそ、威信にかけて「国民を返せ」と強く迫るべきではないでしょうか。私たちは、北朝鮮に拉致された日本人とその家族を全員、奪い還す日まで、闘い続けるつもりです。
弟はどんな人間になっているのだろう?再会の時、頭に浮かんだのはその疑問だった―平穏な生活を突然に破壊した「北朝鮮拉致」。残された家族の悲嘆と絶望、無為無策の政治家・警察・外務省への怒り、感動の帰国をめぐる異常な混乱、そして“洗脳”を解くための論争の日々…。四半世紀にわたり最悪の国家犯罪と闘い続けた兄が、全てを語り尽くした渾身の手記。
蓮池透さんにとって、この24年間の思いを一冊の本にまとめることなど不可能なことであろう。しかしながら出版されたこの著書を読んで、痛み・苦しみ・怒りの一部分でも、国民の一人として共有出来たらと思う。拉致は北朝鮮が犯した国家的犯罪である。絶対に許してはならない。その一方で、日本政府・外務省・閣僚・マスコミを始めとする日本国そのものにも憤りを感じる(特に実名を挙げられた各人以外にも多くの『戦犯』がいるだろう)但し、忘れてはならないのは、日本の国の構造を腐敗させたのも日本人であるが、変えることが出来るのもまた日本人だけなのだということだと思う。一国民である私達に何が出来るのかを、今一度考えてみたい。
24年間の戦いの記録が、実名をあげ、克明に書かれている。感情的を押さえ、淡々と書いているので、読む人は素直に共感できる。北朝鮮を無法国家、日本を無能国家と表現しているが納得できる。人権を叫ぶ人々が、如何に人権を蹂躙してきたか、恐ろしいほどである。作者の、「戦いは今も続く」という言葉が最後に書かれているが、本当に他人事ではない。他国民の人権を叫び、国民の人権を蹂躙する官僚や政治家は許せない。
現在、このご家族については、家族を含めて全員帰国していますがそれまでの長い道のりが書き記してあります。行方不明になり全く手がかりが無く、不明者を探すテレビ番組に出演したり、その中で貰った小さな情報を家族で一つ一つ訪ねたり、また北朝鮮にいると分かってからは、陳情などをしても全く相手にされなかった長い年月の無念さが切実と伝わってきます。どんなに真剣に訴えても口だけの政治家。選挙の前になると「私もがんばってます」など何もしていないのに突然エールを送る政治家。拉致問題がクローズアップされると、にわかに応援を始める政治家が実名で載っています。拉致に合われた家族がどれだけの困難な道を通って現在も活動を続けているかがよくわかります。
北朝鮮によって拉致された日本人被害者のうち、最初に奪還できた五名の拉致被害者が帰国を果たす直前のエピソードからこのノンフィクションはスタートする。...
前半は帰国した弟の洗脳を解くための戦いを描いている。兄である著者の説得には反発したものの、幼なじみや親友らの涙の叫びは胸に突き刺さるものがあったのか明らかな変化...
拉致問題については関心がありましたがテレビだけの報道ではわからない事を知れたような気がします。時には怒りで鳥肌が立ちながら読みました。蓮池薫さんの24年間のはき...
拉致被害は風化させてはならない、もしかしたら拉致被害の当事者は私たちであったかもしれないのだから、戦後のほぼ一貫した自民党と官僚機構と経済界が腐食の連鎖というト...
※ 「この商品について語る」では、「この商品について語る」ガイドライン等に基づき、評価の高低等にかかわらず、お客様の自由な投稿を掲載しています。商品のご購入の際はお客様自身でご判断下さい。
製品詳細ページやサーチ結果を表示した後、興味のあるページに戻る簡単な方法についてはここを参照してください。右の列には、ショッピングセッションのお役立ち情報が表示されます。

 

戻る

キャッシュワンのサイトです。

キャッシュワンのサイトです。